「景清」あらすじと鑑賞の手引き

あらすじ

 かつて源平の合戦において勇猛で名を馳せた悪七兵衛景清の娘・人丸は、死んだと思っていた父が生きているという噂を耳にします。そこで鎌倉亀ヶ江ヶ谷から日向の国(現在の宮崎県)へと、従者を連れて赴くことにしました。
日向国に到着した一行。わびしい藁屋から老いた盲目の乞食僧の声が聞こえてきます。人丸はその老人に父の行方を尋ねますが、そっけなく「その先で尋ねよ」と対応されます。


 しかし、その老人こそが景清その人でした。人丸は尾張国(現在の愛知県)・熱田の遊女との間にもうけた子供です。景清は自分の落ちぶれた姿を恥じて娘の顔を見ることが出来ない悲しみから、素性を明かさないのも親だと思い、父だと名乗らなかったのです。


 人丸と従者は里人から先刻の乞食が景清だと知らされます。景清が今は「日向の匂当」といわれていることを語った男は、二人をともなって再び景清のもとを訪れます。昔の名を呼ばれた景清。はじめは憤るものの、自分の無礼を謝し、彼らの求めに応じて屋島の合戦の軍語りをはじめます。
源氏の軍を破った景清は、逃げようとする三保谷四郎の錣(しころ。後ろ首を保護するもの)をつかんで引き止めようとしますが、ついには引きちぎってしまいます。景清は、三保谷の首の強さを、三保谷は景清の腕の強さを称え合い、豪胆に笑って別れたと語ります。


 語り終えた景清は我が身の弔いを人丸に頼み、鎌倉へ送り返します。涙ながらに帰る娘を、景清は見えない目でいつまでも見送るのでした。


(井上 愛)

鑑賞の手引き(見どころ)

 主人公の悪七兵衛景清は『平家物語』などに登場する平家方の武将です。「悪七兵衛」の「悪」とは邪悪さではなく、荒々しい者や能力・行動が優れていることを表します。彼の名前に「悪」がついたのは、伯父・大日坊を殺害したことに由来していると言われています。


 景清は、能「大仏供養」や歌舞伎などの文芸で描かれるように、平家滅亡後、鎌倉幕府将軍・源頼朝の暗殺を謀った人物として知られています。彼は頼朝暗殺を幾度も狙う刺客の代表格なのですが、史実の上では何もわかっていません。本作品はそのような人物像ではなく、景清と娘のひとときの再会や、過去の武勇譚を自ら語るといった「平家の生き残り」としての景清像に光が当てられています。
 源氏の栄える世の中を見ることを是としなかった景清は、自ら両目をえぐって盲目の乞食となりました。中世において、盲目の者は琵琶法師として生計を立てていました。景清が言う「勾当」とは琵琶法師の官位です。琵琶法師となった景清が、かつて自分が戦った源平の合戦を題材とした『平家物語』を語っているという設定が本曲の裏側にはあります。室町時代には、景清が『平家物語』の原作者の一人とする説が生まれたのも、景清が琵琶法師にな ったという伝承から結びついたからでしょう。


 前半の見せ場は、作リ物の藁屋の中から聞こえる「松門(しょうもん)ひとり閉ぢて…」以下の「松門の謡」と呼ばれるシテの謡です。シテは姿を見せずに老いさらばえた我が身への晦渋を謡います。この謡は、技巧的な節回しと繊細な抑揚が特徴の聞かせどころとなっています。「景清」は一曲を通じて舞の要素が全くない作品ですので、その分だけ謡が重要な役割を担っているのです。


 後半の見せ場である屋島の合戦の軍語りは、床几に腰掛けたまま仕方話をする、立って激しく動く所作をする見せるなど、緩急をつけた語りで語ります。屋島の合戦とは、屋島(香川県)に拠った平家が源義経の奇襲を受け、敗れた戦のことです。数々のエピソードが『平家物語』で語られることでも知られており、「錣引き」の故事は、那須与一のエピソードに続いて名高い部分です。二人の武将が力比べをして引き分けとなるという逸話から、血なまぐさい戦場に豪胆な武士の心の通い合いを伝えています。


 シテは髭がある「景清」の専用面に大口袴が常の型の宝生流ですが、髭がない能面に着流姿という扮装もあり、流儀や演者によって変わります。


(井上愛)


金井雄資師による、「景清」舞台に寄せての談話も是非併せてお読み下さい。→クリック

サイト更新情報

※皆さん是非お誘いあわせの上ご高覧下さいます様お願い申し上げます

11月10日(土)

紫雲会 秋の会

午後1時開始 於 杉並能楽堂

※トップページに番組のご案内ございます

●11/5・・・11月11日(日)6:00~NHK FM「能楽鑑賞」雄資師が出演致します(「龍田」「半蔀」)

●11/1・・・11月11日(日)月並能の前に行われる能+1雄資師が出演致します トップページに案内を掲載しました

●11/1・・・平成30年11月、12月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●10/13・・・10月20日(土)五雲会賢郎師シテ出演する「橋弁慶」について「賢郎の扉」にインタビューを掲載致しました→コチラ

●10/9・・・平成30年10月度五雲会賢郎師シテ出演致します トップページにタイトルを貼りました

●9/1・・・9月9日(日)午後2時始 宝生流九月月並能「飛雲」のインタビューを掲載しました→コチラ

※是非、お読みくださって観劇のご参考になさって下さい

●9/1・・・平成30年10月の出演予定(賢郎師)を掲載しました

●9/1・・・平成30年9月、10月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●8/10・・・平成30年7月(追記)、8月、9月(月並能のみ)の出演予定(雄資師)を掲載しました

●6/30・・・7月7日(土)午後1時始 国立能楽堂七月普及公演「山姥」のインタビューを掲載しました→コチラ

※是非、お読みくださって観劇のご参考になさって下さい

●5/29・・・平成30年6月の出演予定(雄資師)を追掲載しました

※6月は、シテ1番、地頭4番、講師・講演2回、地謡1番と、盛り沢山過ぎる予定となっております。どうぞご高覧下さいますよう、お願い申し上げます。

●5/28・・・平成30年5月、6月(一部)の出演予定(雄資師)を掲載しました

※久しぶりの更新、誠に申し訳ございません。既に終了しているものもあり、大変失礼しております。

 6月は出演が数多くございます。近日中に全公演をご案内いたします。

●3/16・・・3月25日(日)正午始 春の別会能のシテ出演「景清」のあらすじと鑑賞の手引き(見どころ)を掲載しました→コチラ

※是非、お読みくださって観劇のご参考になさって下さい

●3/16・・・平成30年4月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●2/17・・・3月25日(日)正午始 春の別会能のシテ出演「景清」に寄せたインタビュー[雄資の部屋]に掲載しました

●2/12・・・平成30年3月25日(日)春の別会能「景清」宜しくお願い申し上げます。トップページにタイトル掲載しました。

※特集記事近日公開

●2/11・・・平成30年2月、3月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●1/1・・・新春ご挨拶を掲載しました

本年も変わらず本ウェブサイトをご愛顧くださいますようお願い申し上げます

最新公演交通ご案内

宝生能楽堂
http://www.hosho.or.jp/infomation.html
〒113-0033
東京都文京区本郷1-5-9
TEL: 03-3811-4843

【電車】
JR 水道橋駅 東口 徒歩3分
都営三田線 水道橋駅 A1出口 徒歩1分
↓ クリックすると拡大します

問い合わせ

公演について

【宝生会】
http://www.hosho.or.jp/
電話 : 03-3811-4843 
FAX : 03-3811-4591
住所 : 〒113-0033
    東京都文京区本郷1-5-9

↓お稽古に興味がある方

下記よりメールで
お問い合わせ下さい

Powered by Flips
編 集