「鶴亀」 あらすじ と 見どころ

あらすじ

舞台は古代の中国。月宮殿(月世界の宮殿になぞらえた帝の宮殿)で初春の節会が

執り行われることになりました。

官人(アイ)の先触れがあると、多くの臣下(ワキ・ワキツレ)が拝賀するなか帝(シテ)

は玉座につきます。

神仙が住む蓬莱山に例えられる豪奢な宮殿のなか、毎年の嘉例によって鶴と亀(とも

に子方)は帝が長寿であり、その治世が栄え続けることを言祝ぎながら舞を舞い、皇帝

自らも舞楽を奏して平和を祝すのでした。

 

見どころ

 「鶴亀」は子方・鶴と亀の溌溂とした舞と、シテ・帝の慶びの舞が見どころの

おめでたい作品です。

 

 大小前に月宮殿を表す一畳台と引立大宮の作リ物が出され、舞台を華やかに

彩ります。

 「翁」の途中で狂言方が演じる鶴・亀が登場して祝意の舞を舞う「鶴亀の風流」

という演目があります。これは能「鶴亀」の内容とよく似ており、正月の祝祷歌舞・

松囃子でも「鶴亀」という演目が演じられていることから、「鶴亀」のモチーフが

中世から親しまれていたことがうかがえます。

 

 「鶴は千年、亀は万年」の命をもつと言われ、いずれも長寿の象徴とされて

きました。また、鶴と亀は平安時代より装飾のモチーフや祝儀などに用いられて

います。その鶴と亀の立テ物をつけた子方二人が健やかな舞を舞い、年頭を

祝すのがこの作品の一つのみどころとなります。ちなみに、大人がこの役を

演じる場合、鶴は小面、亀は邯鄲男の面を用いることが多いようです。

 

 今回の公演では、宝生流のみの小書「曲入」がつくため、[クリ・サシ・クセ]

がついて、シテが地謡に合わせて謡い舞います。[クリ]は能「松尾」(松尾明神

が神舞を舞う能)の詞章と同文、[クセ]は番外曲「巴園」(観世小次郎信光作の

橘の実から仙人が昇天する能)の詞章とほぼ同文です。

この「曲入」によって壮麗な宮殿の情景とともに、千代万代とその繁栄が続く様が

表現されて、一層新春の華やかさが強調される演出になっています。

出演者

サイト更新情報

・・・2019年1月13日(日)月並能「翁」賢郎師が千歳で出演されます

どうぞお見逃しなく!!

●1/5・・・1月13日(日)月並能賢郎師千歳で出演する「翁」について「賢郎の扉」にインタビューを掲載致しました→コチラ

●1/2・・・本年度のシテ出演6月(国立)の曲目が間違っておりました。正しくは「藤栄」です。訂正致しました。

●1/1・・・本年度のシテ出演(賢郎師含む)を掲載しました

●1/1・・・新春ご挨拶を掲載しました

●12/29・・・平成31年1月、2月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●11/5・・・11月11日(日)6:00~NHK FM「能楽鑑賞」雄資師が出演致します(「龍田」「半蔀」)

●11/1・・・11月11日(日)月並能の前に行われる能+1雄資師が出演致します トップページに案内を掲載しました

●11/1・・・平成30年11月、12月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●10/13・・・10月20日(土)五雲会賢郎師シテ出演する「橋弁慶」について「賢郎の扉」にインタビューを掲載致しました→コチラ

●10/9・・・平成30年10月度五雲会賢郎師シテ出演致します トップページにタイトルを貼りました

最新公演交通ご案内

宝生能楽堂
http://www.hosho.or.jp/infomation.html
〒113-0033
東京都文京区本郷1-5-9
TEL: 03-3811-4843

【電車】
JR 水道橋駅 東口 徒歩3分
都営三田線 水道橋駅 A1出口 徒歩1分
↓ クリックすると拡大します

問い合わせ

公演について

【宝生会】
http://www.hosho.or.jp/
電話 : 03-3811-4843 
FAX : 03-3811-4591
住所 : 〒113-0033
    東京都文京区本郷1-5-9

↓お稽古に興味がある方

下記よりメールで
お問い合わせ下さい

Powered by Flips
編 集