金井章の窓

経歴

金井 章 (かない あきら)
  シテ方宝生流能楽師

 
 故近藤乾三 十七世宗家故宝生九郎重英 故野口兼資に師事
 
  一九二二年東京生 二〇〇三年死去
 
  一九三四年初舞台
 一九四六年初シテ以降 石橋 道成寺 乱 翁 望月 安宅延年の舞 
          大原御幸 定家 景清 綾鼓 砧 隅田川 鷺 等大曲を披演
 
  紫雲会 金井章の会主宰
 
  重要無形文化財保持者
 日本能楽会理事 能楽協会理事 宝生会理事を歴任

舞台から (金井章)

(クリックすると大きくご覧になれます)

「安宅」

「井筒」
「熊野」

仕舞「鵜之段」

「遊行柳」

綺羅の小窓 (俳句コーナー)

大正時代より続いていた能楽師を中心とした俳句会七宝会(虚子先生、池内先生、近藤いぬゐ、高橋すゝむ、松本たかし、佐野ゝ石 という錚々たる面々)へ、いぬゐ先生のお声掛けで初投句されたのが、綺羅先生の俳句との出会いであった(当時17歳)。

その後松本たかし師を指導者に招いた冬扇会、その後の芹入門、そして素十先生との出会い、と綺羅先生の俳句人生は大変に充実されていた。

ここでは、綺羅先生が遺された多くの句から、季節に合わせてご紹介する

綺羅・・・金井章先生の俳号
虚子先生・・・高浜虚子
池内先生・・・
近藤いぬゐ・・・近藤乾三師の俳号
高橋すゝむ・・・高橋進師の俳号
松本たかし・・・俳人 松本長師の長男 松本惠雄師の兄
佐野ゝ石・・・佐野巌師の俳号
素十先生・・・高野素十
H23初夏

舞台アーカイヴ

章先生の代表的な舞台をご紹介して参ります

現在鋭意編集中です
今しばらくお待ち下さい

関連リンク

公益社団法人宝生会
公益社団法人能楽協会

サイト更新情報

お願い


新型コロナウイルス感染症対策により、各種公演の中止・延期が相次いでおります。
観劇をご予定される際は、あらかじめ主催者のウェブサイトなどをお確かめの上、お出かけくださいます様お願い申し上げます。

※本サイトでは中止、休演等のご案内は致しません  ご了承ください

●11/18・・・雄資師12月の予定を掲載しました
(12月は盛りだくさん!地頭3番あります。お見逃しなく、お聞き逃しなく!!)
●11/18・・・稽古場の掛け軸コーナーを更新しました
●10/25・・・雄資師舞囃子「実盛」出演する12月5日(日)第二回 真花演能会をトップページに掲載しました
※遅い掲載となり、大変申し訳ございません。
●10/16・・・雄資師10月の予定を掲載しました
※遅い掲載となり、大変申し訳ございません。
●9/8・・・書籍紹介『能に生きて 近藤乾之助』をトップページに掲載しました
●9/8・・・稽古場の掛け軸コーナーを更新しました
●8/30・・・10月31日(日)宝生能楽堂「日本全国能楽キャラバン!」獅子三態のステージナタリー様インタビューのリンクをトップページに掲載しました
宝生能楽堂
http://www.hosho.or.jp/
〒113-0033
東京都文京区本郷1-5-9
TEL: 03-3811-4843

【電車】
JR 水道橋駅 東口 徒歩3分
都営三田線 水道橋駅 A1出口 徒歩1分
↓ クリックすると拡大します

問い合わせ

公演について

【宝生会】
http://www.hosho.or.jp/
電話 : 03-3811-4843 
FAX : 03-3811-4591
住所 : 〒113-0033
    東京都文京区本郷1-5-9

↓お稽古に興味がある方

下記よりメールで
お問い合わせ下さい

Powered by Flips
編 集