「錦戸」あらすじと見どころ

あらすじ

時は壇ノ浦合戦の後。兄・源頼朝に追われる義経は、奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)に匿われていました。

秀衡亡き後、秀衡の息子・錦戸太郎(ワキ)は、源頼朝へと変心し、弟・泰衡(やすひら)とともに源義経を討とうと考えます。太郎は弟・泉三郎(シテ)にも義経を裏切るよう求めますが、三郎は父の遺言と義経への忠義を守るため、要求に応じません。

泉三郎は兄たちの心変わりを妻(ツレ)に伝えて、この場所から逃げるよう勧めますが、妻は夫の最期を見捨てて自分だけ落ち延びることが出来ようかと訴え、その場で自害してしまいます。

やがて、軍勢を引き連れた錦戸太郎が攻め寄せると、泉は孤軍奮闘しますが力及ばず、持仏堂で自らの腹をかき切って自害を遂げるのでした。

見どころ

 「錦戸」は、源義経伝承を素材としながら、前半は親子・兄弟・主従の忠義と裏切り、そして夫婦の情愛という濃やかな人間関係、後半は戦闘場面で武士の勇壮な姿が描かれ、闘いの場面を見せ場とする「斬リ組ミ物」です。現在、本曲は宝生流と観世流が上演曲としています。


 シテ・泉三郎は藤原忠衡(ただひら・泉忠衡・泉冠者とも。11671189)ともいいます。この曲に登場する三兄弟(錦戸太郎、泰衡、泉三郎)の父・秀衡は奥州藤原氏の最盛期を現出した人物で、平氏滅亡後も頼朝に従わず、義経を主君とするよう遺言を残して亡くなったと伝えられます。しかし、義経を庇護したことが、頼朝に奥州を攻撃する絶好の口実を与え、後を継いだ泰衡の代に頼朝の武力に屈して、奥州藤原氏は滅亡していきました。


鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』文治五年(1189)六月二十六日条に、泉三郎は兄・泰衡が連れた手勢らによって住まいを襲撃され、命を落としたことが記されています。ワキ・錦戸太郎は、秀衡の長男・藤原国衡(くにひら、?~1189)と目されていますので、泉を殺害した人物は『吾妻鏡』と「錦戸」では異なりますが、義経に味方した結果死を迎えた泉の人物像が共通しています。このような人物像は、幸若舞「和泉か城」にも描かれており、室町時代に民間伝承や説話などによって流布していたことを窺わせます。ちなみに、西木戸に館をかまえていたため、太郎は錦戸(西木戸)と称するようになったと云われています。


 本曲の前半・会話場面とシテやワキの台詞から一転して後半・戦闘場面という構成は、静と動のコントラストが鮮やかです。詞章には、「賢人二君に仕えず、貞女両夫に見(まみ)えず」「君親二つは二体の義」等の武士の忠節を軸に据えた本曲らしい成句が見られます。


後場では舞台上に一畳台が出され、そこにシテが腰をかけて敵を待ち、斬り組みを見せます。クライマックスの戦闘場面の後、シテは「腹十文字にかき切り」と太刀で腹を切る型をした後、台から飛び下りるという、迫力ある所作をします。


忠義に従い、仁義を守り、自らの正義を貫いた泉三郎は、壮絶な最期を迎えます。命を賭して何かを守ろうとする三郎の姿には、時代を超えて人々の心を打つ品格の本質があるように思われるのです。


(井上 愛)


今回の舞台についての金井雄資師の談話をお読み頂ける

「舞台に寄せて」はコチラ → クリック

サイト更新情報

●11/13・・・お待たせしました!! 11月18日(土)正午始 五雲会のシテ出演「咸陽宮」、そして「五雲会」に寄せたインタビュー[雄資の部屋]に掲載しました

紫雲会秋の会(11月5日)、よろしくお願い申し上げます!!

●10/4・・・金井雄資師のご友人が関わられた[本の紹介]を掲載しました

※一部金井雄資師についての記述もあります!!

●10/4・・・平成29年10月、11月の出演予定(雄資師)を掲載しました

※今月も大変遅くなりまして、誠に申し訳ありません

●9/2・・・平成29年9月の出演予定(雄資師)を掲載しました

※大変遅くなりまして、誠に申し訳ありません

 今月は盛りだくさんです!

●7/8・・・平成29年7月、8月の出演予定(雄資師)を掲載しました

※大変遅くなりまして、誠に申し訳ありません

●7/・・・7月9日(日)FMラジオ出演を掲載しました

※お聞きのがしなく!!

●6/21・・・月29日(木)国立能楽堂のシテ出演「融 思立之出・笏之舞に寄せた談話をに掲載しました→コチラ

●6/13・・・平成29年6月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●4/25・・・平成29年5月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●4/16・・・4月23日(日)は芦雲会ではなく、芦の会の出演でした。申し訳ありません。訂正の上、情報を追記致しました。

●3/26・・・4月9日(日)月並能のシテ出演「雲林院」に寄せたロングインタビューを[雄資の部屋]に掲載しました

●3/19・・・2017年のシテ出演2件新情報を掲載しました。8月31日渋川市民会館、9月3日桐生市市民文化会館(シルクホール)です

●3/11・・・3月20日(祝)の吟松会の番外仕舞「富士太鼓」に決まりました

●2/28・・・平成29年3月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●1/22・・・1月29日(日)国立能楽堂1月特別公演のシテ出演「錦戸」に寄せた談話と2014年シテ出演時のインタビュー(再掲)を[雄資の部屋]に掲載しました

●1/22・・・平成29年2月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●1/10・・・1月14日(土)五雲会の賢郎師シテ出演「花月」に寄せたインタビューを[賢郎の扉]に掲載しました

●1/7・・・平成29年1月五雲会シテ出演(賢郎師)タイトルバナーを掲載しました

●1/1・・・平成29年1月の出演予定(雄資師)を掲載しました

●1/1・・・トップページに新春ご挨拶を掲載しました

●12/9・・・12月17日(土)五雲会のシテ出演「天鼓」に寄せたロングインタビューを[雄資の部屋]に掲載しました

最新公演交通ご案内

宝生能楽堂
http://www.hosho.or.jp/infomation.html
〒113-0033
東京都文京区本郷1-5-9
TEL: 03-3811-4843

【電車】
JR 水道橋駅 東口 徒歩3分
都営三田線 水道橋駅 A1出口 徒歩1分
↓ クリックすると拡大します

問い合わせ

公演について

【宝生会】
http://www.hosho.or.jp/
電話 : 03-3811-4843 
FAX : 03-3811-4591
住所 : 〒113-0033
    東京都文京区本郷1-5-9

↓お稽古に興味がある方

下記よりメールで
お問い合わせ下さい

Powered by Flips
編 集